2022年09月15日

熱燗|心も体も温まるおいしさと魔力

熱燗をのどに通すと、体が芯から温まり、心も発達します

米は美味しくて甘い食べ物で、胃を養い、血を補い、喉の渇きを癒し、sake hong kong、漢方では強壮剤としてもよく使われる。

また、米酒は穏やかな性質を持っているため、幅広い飲み方に対応でき、ワインの飲み頃温度の中でも最も広く流通しているカテゴリーの一つである。

身も心も温まるおいしい魔法

寒い冬には、熱燗が欠かせません。 その魅力は、適度な加熱によってアミノ酸や乳酸などの成分が引き出され、常温では抑えられていた軽い甘みや米のような香りが出て、おいしい演出をより一層盛り上げてくれることにある。

燗をつけた日本酒は、口当たりもまろやかになりますし、温度も体温に近づけることができないので、口の中を通りやすくなるのでしょう。 熱燗をのどに通すと、体が芯から温まり、心も発達します。

もろみ酒を飲むときは、量を調節して飲み干さないように注意する。料理をしながら、もろみ酒を楽しむのもおすすめです。

温州酒の作り方

ここでは、家庭で簡単にできる実用的な熱燗の作り方として、スープ(お湯で温める)の作り方を紹介します。

操作手順

パック入りの酒をデリカテッセンに注ぐ(約9分目)。香りが蒸発しないように注ぎ口が隠れる。

沸騰した鍋に冷水を使用する(惣菜肩活に高さを運ぶ水面で十分です)。

調理したものを取り出し、水を沸騰させ、火からおろす。

お湯に5〜10分ほど浸す。

フライパンの底を指で触り、少し熱いと感じる程度(45℃前後)にする。

電子レンジでの加熱は、加熱ムラによる鍋の破損の原因となるため、お勧めできません。

日本酒は一般的に30~55℃の燗酒で提供されますが、温度によって香りや味わいが微妙に異なるため、好みに応じて選ぶとよいでしょう。

  


Posted by butingh at 11:59Comments(0)