2022年11月18日

元利均等返済と元金均等返済の2種類で返済利息を計算する

長期または高金利は非常に大きくなります。

元利均等

7万円を月利0.48%、期間3年で借りた場合、月々の返済額は2,280.44円、強積金扣稅計算済額は2,285.09円と大まかに計算されます。

14万ドルを月利0.45% 、期間20年で借りた場合、月々の返済額はおおよそ1213.33ドル業績、実際の月々の返済額は955.15ドルである。

67,000ドルを月利0.85%、期間3年のローンで。 毎月の返済を行う場合の概算は2,430円で、年利率計算器な毎月の事業返済は2,422円です。

3万ドルを月々2%で3年間融資するもの。 毎月の返済額の目安は1,433円で、実際のビジネスの返済額はほぼ1,500円です。 (この67ドルを過小評価してはいけない、ローン市場のベースがローン間で3万ドルしかないことを念頭に置くこと)。

一般的に言えば、個人的な知識に基づいて、大まかな計算の使用により、その後、まだ一定の理由がありますが、短期融資のみ、長期または高金利は非常に大きくなります。

イコールプリンシパル

イコールプリンシパル

月々の返済額=元金分割払い回数+元金×月々の利息

これは、元本を待つというざっくりとした計算に近いのでしょうか。

なお、次回支払時の利息は、残元金に月利を乗じた金額となります。 12回払いであれば、毎回元金の1/12を返済することになります。

10万ドルを月々0.5%で融資し、10回の分割払いで返済する。

その場合、会社の初回分割払い目標は、10万ドル/10+10万ドル×0.5%=10,500ドルとなる。

2回目の分割払いは、$100,000/10 + $90,000 * 0.5% = $10,450 、10回目の分割払いは、$100,000/10 + $10,000 * 0.5% = $10,050 となります。

さて、元利均等という大雑把な計算では何かおかしい気がしませんか?初月は元金均等、毎回の分割払いは初回元金+利息で計算するのが正しいです。実は、分割回数が短い場合、元金均等と元金均等で支払う利息の総額はほぼ同じになるのです。住宅ローンの長さからすると約2倍の差があるので、銀行はお客様と同じように元利均等で返済しています。つまり、短期的には、同じ額の元金と利息はあまり変わらないように見えるのです。

 




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。